TAG

発達障害

療育手帳の取得について

取得する?しない? 療育手帳を取得するかどうか、迷っている方もいるのではないでしょうか。 療育手帳を取得した理由や、取得してどうだったかなど書いてみたいと思います。 療育手帳とは 療育手帳とは、知的障害がある人に発行される障害者手帳のことです。 障害のある人が必要な教育を受けたり、就労時に配慮や支援を受けやすくなります。 ただ、療育手帳の制度は自治体によって違い、判定基準や等級区分も違っています。 […]

特別支援学級ってどんなところ?小学校編

特別支援学級とは 特別支援学級とは、比較的軽度の障害がある生徒に対し、一人ひとりにきめ細やかな教育を行うために、 小中学校に特別に設置された少人数学級のことです。 学校や自治体によって支援体制は様々ですが、ここでは次男が在籍した学級を紹介します。   特別支援学級に在籍するには 発達障害の診断でも書いた通り、特別支援学級に在籍するには「障害がある」という 医師の診断書が必要でした。 できるだけ通常 […]

発達障害の診断

診断を受ける?受けない? お子さんは発達障害の診断を、受けていらっしゃいますか? 私は診断を受けることに、ものすごく抵抗がありました。 夫も私以上に「診断なんか、受けなくていい!」と断言していました。   3歳児健診で 次男は3歳の時点で、発語は3語「ママ」「パン」「ちゃ(飲み物)」だけ。 こちらの言う事はなんとなく理解している様子でしたが、言う事は聞かない。 多動で、じっとしていられるのは10秒 […]

発達障害児の進学~幼稚園~

その先の小学校を見据えて まずはじめに、ここでは「進学先をこう選びましょう」とは言っていません。 「私たちはこんな風に考え、こういう選び方をしました」と、ひとつの経験談を お伝えしています。 なので、幼稚園か保育園か、ではなく、次男が通った「幼稚園」のお話です。 幼稚園を選ぶ時に、幼稚園だけを見るのではなく、その先の小学校に通うことも 考えて選びました。 通学路と友人関係 通うことになる小学校は決 […]

もしかして自閉症?

自閉症の幼少期に多くみられる特徴 自閉症のお子さんの幼少期の様子で、よく見られる特徴があります。 次男の場合、3歳の健診時に全て当てはまっていましたし、 言葉も単語が3語のみ、自分の名前も言えませんでした。 目線を合わせない、クレーン現象 自閉症の方は対人関係を築く事がとても苦手で、その特徴として目線を合わせない、 というのがあります。次男もそうでした。 かろうじて母親の私にだけ、たまにほんの少し […]

発達障害のある息子を育てて

専業主婦を脱出したい、ジャスミンです。 ただ外に働きに出るのは難しいし、できればこの先、 年をとってもずーっと収入を得られるような仕事をしたい。 なので、在宅ワークを模索中です。 とは言え、何の資格もなく技術もないので、ただいま絶賛悪あがき中。 働きに出るのが難しい理由は、まだ子どものサポートをし続けているから。 軽度、とは言われたけれど 子どもが二人いるのですが、次男は軽度の発達障害があります。 […]