進学・就職のアピールポイントになる、部活動や検定のすすめ

部活動をしたり検定を受けたりすることは、進学や就職時にアピールポイントになりますが、

発達障害があると日常の学校生活や学習で手一杯になってしまい、おろそかになりがちです。

ですが、学校の勉強以外の活動は視野を広げるきっかけにもなりますし、いつか自己PRを書く時に、

自信を持ってアピールできます。

療育の一環として見れば、とても有意義だと思います。

 

経験値を上げるために

いろんな所に行き、たくさんの人に関わる

小学生の頃、たくさんの経験をさせようと、公立公園のイベントに家族でよく参加しました。

「県立○○の森公園」のような所でやっている、自然観察イベントや、アウトドア系イベントです。

みんなでピザを作ったり、流しそうめんを竹から作ったり、鳥の巣箱を作ったり。

公立公園のイベントは、準備を全部してくれているし、費用も安く、おすすめです。

いろんな所に行きたくさんの人に会って、教えてもらったり助けてもらったり、様々な体験をしました。

成功体験を重ねる、いろんな場所にいく、まさに「経験値を上げる」ことを考えました。

英検・漢検のすすめ

小学生の高学年の頃から漢検にも挑戦しました。

これは、高校受験までに「初めて行く教室で」「試験終了まで外に出ず」「試験を受ける」という

経験をして、徐々に慣れていくようにと考えたからです。

もちろんこれも「成功体験」が大切なので、高学年でも10級(小1の漢字)から。

検定中の途中退席は再入室ができないのですが、トイレが近い次男、それも慣れるためもありました。

全部書き終わって見直ししてから、試験官に伝えて退室するなど、教える必要がありました。

また、中学に入ってからは毎年英検を受験しました。

英検と漢検は3級を取得しておくと、高校受験で加点される学校があり、有利です。

また、就職の時にも履歴書に書ける資格なので、3級取得をおすすめします。

 

英検3級をひとつひとつわかりやすく。新試験対応版 リスニングCDつき [ 学研プラス ]

価格:1,404円
(2019/8/10 23:56時点)
感想(25件)

華々しい成績はなくてもいい

部活動を続けていますか?

就活の時、運動系の部活動を続けてきたことは、確実にアピールポイントになります。

高卒での就職の場合、活動が大学ほど自由ではないため、どうしても部活動が着目点になりますね。

ここで考えたいのは、運動系だけが有利なのか、ということ。

決して運動系部活動だけが注目されるわけではありません。

文化系部活動も、文化祭やコンクールに向けて、みんなで力を合わせて活動した、ということが

実績になり、受験や就活でPRできる強みになります。

華々しい成績や受賞経験だけが実績ではなく、負けたことも挫折も経験と実績なのです。

何より「続けた」ことがアピールポイントになるのです。

ゆるゆるスポーツなら続けられる

次男は「チームワークを求められるスポーツ」は部活動を含め、全くできませんでした。

小学生の頃、長男と同じ野球チームに入りましたが、数ヶ月でやめました。

コミュニケーションが必要で「相手のことを考えて動く」ことができないんですね。

そこでスイミングスクールに通うことにしたのが、小6の時。

水泳は個人プレーです。

それでも、部活動だと部の事を考えて動く必要がありますが、スクールなのでそれもない。

週に1日、1時間だけ。高校卒業まで続けました。

大会を目標にするわけでもなく、ただ「好きだから」で続けましたが、体格も良くなるし、

忍耐強く続けられる、ということを自己PRできました。

がんばった人は歓迎される

運動系文化系にかかわらず部活動でがんばったことは、評価されます。

部活動でも習い事でもアピールポイントになりますし、華々しい成績が必要な訳ではありません。

その中で、努力したこと、工夫したこと、積み重ねたことが自分の強みになるのです。

学生時代を振り返った時、何をして、どう成長したかをアピールできるようにしておきましょう。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

にほんブログ村

就職についての最新記事8件