幼稚園

発達障害児の進学~幼稚園~

その先の小学校を見据えて

まずはじめに、ここでは「進学先をこう選びましょう」とは言っていません。

「私たちはこんな風に考え、こういう選び方をしました」と、ひとつの経験談を

お伝えしています。

なので、幼稚園か保育園か、ではなく、次男が通った「幼稚園」のお話です。

幼稚園を選ぶ時に、幼稚園だけを見るのではなく、その先の小学校に通うことも

考えて選びました。

通学路と友人関係

通うことになる小学校は決まっていましたので、その小学校の隣にある幼稚園です。

小学生になると一人で通学するようになります。正直、すごく心配!(多動だったので)

隣の幼稚園なら、通学路はほぼ同じです。

なので、2年かけて通学路を歩くのを慣れさせ、通学途中の気を付ける事を教えました。

また、その小学校には隣の幼稚園から進学する子が一番多いので、友達を作るため。

次男はコミュニケーション能力が低いので、友達と顔見知りを増やしました。

実際に小学生になってから助けてくれたのは、幼稚園からのお友達でした。

次男の癖や好みをよく知ってくれていて、何かと手助けをしてくれました。

療育を期待するかどうか

発達障害児の療育に取り組んでくれる幼稚園かどうか、とても大きな問題です。

私たちが住んでいる所は田舎で、選択肢もとても少ないのですが、

それでも2つの園を比べて悩みました。

ひとつは、発達障害や多動に理解があり、療育にも取り組んでいる幼稚園。

でも遠くて、自宅周辺から通う子どもは少なく、同じ小学校に行く子も少ない。

もうひとつは、発達障害児を受け入れてはくれるが、療育はしていない幼稚園。

ただ、近くて自宅周辺から通う子どもが多く、たくさん同じ小学校に進学する。

本当なら療育をしてくれる幼稚園がいいのだろうけど、

次男の場合、一番問題になりそうなのはコミュニケーション能力だと判断し、

幼稚園での療育は、すっぱりあきらめました。

自宅でがんばればいいか、と思ったんです。

集団生活がどういうものか、学んでくれればいい、そう考えました。

それでも、教室から逃げ出しても放置されたりすることなく、卒園できました。

見学と体験、プレ幼稚園も

これは発達障害のあるなしに関わらず、見学と体験は必要ですね。

できるならプレ幼稚園にも参加して、お子さんが幼稚園に慣れるだけでなく、

先生にお子さんの普段の状態を見てもらう事も、大切だと思います。

まずは園に相談しましょう。

現在のお子さんの特性や何が問題かなど、まずは園に相談してみましょう。

教育方針など気に入っても、中には発達障害を理由に入園拒否をする所もあります。

逆に療育はしていなくても、理解がある幼稚園もありますよ。

お子さんが「行きたい」と思う幼稚園

そして一番大事なのは、お子さん自身が「行きたい」と思う幼稚園かどうか、です。

どんなに良い教育方針でも、お子さんが登園を嫌がるようだと、

お子さんにとってもストレスになってしまいます。

もし、療育を行っていない幼稚園だったとしても、お子さんが気持ちよく過ごせる、

それもまた選択肢の一つだと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村
投稿を作成しました 15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る