特別児童扶養手当について

特別児童扶養手当 特別児童扶養手当

特別児童扶養手当とは

支給対象

・20歳未満で精神または身体に障害を有する児童を育てている父母等に支給されます。

・身体障害者手帳・療育手帳を持っていなくても、かかりつけ医の診断書(所定の様式あり)で

受給することができます。

・手帳の等級により診断書を省略することができる場合もあります。

・所得制限があります。詳しくはお住まいの自治体の子育て支援の窓口にお問合せください。

 

どんな手続きが必要?

まず、窓口で提出する書類を受け取りましょう。

・認定請求書

・振込先口座申出書

・障害認定診断書

この他自治体により、生計維持に関する調書などがあったりします。

障害認定診断書はかかりつけ医に診断を受けて、記入してもらいます。

 

申請時に持参するものは、上記のほかに、

・請求者の印鑑(認印)

・戸籍謄本(受給資格者及び対象児童のもの)

・振込先口座の通帳、マイナンバーカードまたはナンバー通知カード(確認のため)

などがあります。

 

多様な子どもたちの発達支援: なぜこの行動? なぜこの対応? 理解できる10の視点 (Gakken保育Books)

新品価格
¥1,728から
(2019/7/17 14:34時点)

特別児童扶養手当のメリット・デメリット

メリット

それはもちろん、お金を支給してもらえること。

障害を持つ子どもがいると、仕事に出ることが難しい場合が多いです。

私も次男が帰宅後は、宿題や自宅学習につきっきりになっていたので、働きに出ませんでした。

パート代の代わりに、学費にあてました。

また、これも療育手帳と同じく支給されていることを誰にも言わなくてもいいので、

後ろ指をさされるなんてことはありません。

 

デメリット

これは、手続きが面倒なこと、でしょうか。

新規申請時に障害認定診断書を提出しますが、2年に1度、更新手続きが必要です。

自治体から書類が送られて来るので、新規申請時と同様に、医師による診断を受けて

障害認定診断書を記入してもらいます。

更新の書類と障害認定診断書、特別児童扶養手当証書と子育て支援の窓口に提出することになります。

 

また、毎年8月に所得現況届が送られて来るので、証書と共に提出します。

現況届を出さない、または出し遅れると8月からの手当てが受けられない、

または受給が遅れるので注意が必要です。

 

コピーを必ずとっておきましょう

たとえ手続きが面倒でも、20歳まで支援が受けられるのは大きな利点です。

お子さんのためにも支援を受けましょう。

 

療育手帳をお持ちの方は、医師に障害認定診断書をお願いするときに、療育手帳や

プロフィールブック、療育手帳を受けた時の発達診断の結果などをコピーして

持っていくと、医師の診断が早いようです。

また、提出する障害認定診断書は、必ずコピーを取って保管しておきましょう。

特別児童扶養手当の更新時に医師に見せたり、療育手帳の申請・更新時にも役に立ちます。

https://jasmine5.com/dd-diagnose/ryoikutecho/%E7%99%82%E8%82%B2%E6%89%8B%E5%B8%B3%E3%81%AE%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

にほんブログ村

コメント