高校生でも診断してくれますか?

高校生でも診断してくれますか?

療育手帳や特別児童扶養手当

更新時に注意

療育手帳や特別児童扶養手当を受ける場合、診断書をかかりつけ医に書いてもらいますが、

その医師には子どもが何歳まで診てもらえるか、考えたことはありますか?

療育手帳も特別児童扶養手当も更新があります。

更新の案内が送られてきて病院に連絡した時、断られるなんて考えるでしょうか?

ところが、子どもの年齢で区別されてしまうのです。

私は、まさか診断書を書いてもらえないなんて考えもしなかったので、

2度も診断ジプシーに陥りました。

 

小児科で診断を受けると要注意

次男は小学校の指定で、近くの公立病院の小児科でカウンセリングを受け、

「広汎性発達障害」と診断されました。

療育手帳も特別児童扶養手当もその小児科で診断書を書いてもらい、カウンセリングは

中学卒業まで続きました。

 

中学卒業後は普通高校へ進学です。

卒業と同時にカウンセリングは終わり、病院へ通うことはなくなりました。

日常生活や学校生活で問題はありましたが、なんとか家族で対処できると思い、

他の病院に通うことはありませんでした。

高校1年生の終わりごろ、特別児童扶養手当の更新通知が届き、小児科に連絡したところ、

小児科は中学生までなので、お受けできません、と断られました。

では、どこか紹介していただけますか?と聞くと、特定の医師は紹介できません、と。

え、紹介状も書いてもらえないの??

 

高校生の発達障害 (こころライブラリーイラスト版) [ 佐々木 正美 ]

価格:1,404円
(2019/7/21 00:48時点)

診断ジプシー

医師をさがして

そこから、発達障害の診断をしてくれる医師を探して、あちこち電話をしました。

事情を説明しても、ほとんどの小児科は中学生まで。

思春期は難しい立ち位置になるようです。

やっと見つけた小児科は、高校生OKの先生でした。

療育手帳や特別児童扶養手当の診断書や、発達障害の診断書のコピーを持っていき、

無事に診断書を書いてもらうことができました。

数か月後に療育手帳も更新があり、その先生に書いてもらえました。

 

ところが、さらに2年後。

その小児科に連絡したら、中学生までに変更されてしまっていました。

 

20歳未満は思春期精神科

そこで教えられたのが思春期精神科です。

20歳未満は思春期精神科へ行くのが一般的だそうです。

問題は、思春期精神科はものすごく混んでいて、予約が数か月待ち。

更新期限は1か月。。。どうしよう。

 

私は市役所に電話をして事情を話し、アドバイスをもらうことにしました。

どんな病院で受けているか「割とよく聞くのは、」と3か所ほど心療内科を

教えてもらいました。

それと、もし更新期限に間に合わないようなら、連絡してもらえれば延長しますと言われました。

その分、支給は遅れますが期限切れということはない、とのことでした。

 

早めのリサーチをお勧めします

結局、次男は心療内科で診断書を書いてもらうことができました。

特別児童扶養手当の更新は、20歳までなので、これで最後です。

次は療育手帳、成人してからの更新になります。

 

小児科で診断を受けている場合、そこで何歳まで診断してもらえるか、確認をしておきましょう。

また、中学生以降に思春期精神科、もしくは心療内科に転院する場合、紹介状を書いてもらえるか、

どこの病院なら受けられるかも確認する必要があります。

思春期精神科は数が少なく、予約待ちが数か月になる事も少なくありませんので、

早めに行動しておきましょう。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ

にほんブログ村

発達障害の診断の最新記事8件