CATEGORY

特別支援学級

特別支援学級に入れる・入れないの判断は?

子どもを特別支援学級に入れるか入れないかの判断は、難しいところです。 特に、知的に遅れが少ない軽度の発達障害であったり、グレーゾーン、発達凸凹児の場合は 支援学級できちんと教育してもらえるだろうか、不安だと思います。 ここで特別支援学級の教育について考えてみましょう。 自治体や学校により対応は大きく異なる 教室で静かに座っていられますか? 正直なところグレーゾーンであったり、知的に大きな遅れがない […]

特別支援学級・中学校編

中学校での特別支援学級はどうだったか、注意しなければいけないことなどを 書いてみたいと思います。   基本的には小学校と同じ 少人数制、授業は別教材 クラスの人数は8人まで、肢体不自由、知的障害、情緒障害などでクラス分けされます。 ずっと特別支援学級で勉強するわけではなく、生徒は自分のカリキュラムに合わせて 交流級を行き来するので、支援学級で勉強している時はたいてい1~3人でした。   授業内容は […]

特別支援学級での学習について

支援学級に在籍するために 特別支援学級で学習することについて、何の予備知識もなく在籍させたのですが、 実際に入れてみて、経験したこと感じたことを書いてみようと思います。 支援学級で受ける授業数 私たちのいる自治体の方針なのか、全科目の半分以上の科目を支援学級で受ける、 という決まりがありました。 これは各自治体の教育委員会によって、違いがあるのかわからないので、 先生に確認をされると良いと思います […]

特別支援学級ってどんなところ?小学校編

特別支援学級とは 特別支援学級とは、比較的軽度の障害がある生徒に対し、一人ひとりにきめ細やかな教育を行うために、 小中学校に特別に設置された少人数学級のことです。 学校や自治体によって支援体制は様々ですが、ここでは次男が在籍した学級を紹介します。   特別支援学級に在籍するには 発達障害の診断でも書いた通り、特別支援学級に在籍するには「障害がある」という 医師の診断書が必要でした。 できるだけ通常 […]